ゆるく生活を楽しむブログ

夫婦2人暮らし。プレママ。30代ナース。興味を持っていること、まとめておきたいことを、ゆるーく綴ってゆきます。

36歳の初産レポ その1:予定日になったけどお産は始まらなかった

f:id:lovelifelog:20180804235925j:image

こんばんは。一宮、改め、ミヤです。

 

 

基本的に、日常生活においては、私の中で年齢はただの数字よ。という気持ちで生きています。

◯歳は若い、◯歳からはもうババア、みたいな考え方は好きではありません。

 

ですが、妊娠・出産に関しては、年齢のことが非常に気になる。

35歳以降は『高齢出産』といわれる年齢だからです。

 

35歳以前と、以降のお産でそれほど違いがあるかは分かりませんが、様々なブロガーさんの出産レポを読ませていただく中でも、やはり目に留まるのは、自分と同じ、もしくは近い年齢の方が書かれたものが多かったです。

 

そんなわけで私も、出産レポの記事では、年齢を明記することに致しました。

36歳で、初妊娠・初出産です。

妊娠経過は良好で、大きなトラブルはありませんでした。

 

予定日になった

予定日当日にお産になるのは割と少ない、また、初産だと、予定日よりも後に産まれる事が多いとらしいです。

 

なんとなく、私も予定日より前には陣痛は来ないんじゃないかなー、と思いながら、毎日を過ごしていました。

 

そして、予定日当日。

やはり何も起こらず。赤ちゃんはお腹の中で元気に動いていますが、前駆陣痛的な気配すらありませんでした。

 

 

検診

予定日翌日は検診日でした。

先生から、42週になるまでには分娩させたいので、一応41週以降で誘発分娩の日程を組んでおきましょう、という提案があり、41週0日に、入院の予定を組んでもらいました。

(42週過ぎると胎盤の機能が低下するためです)

 

 

続きます。ではでは。